フリーナンスとは

フリーナンスとは

総合評価3.0

【特徴】

・最高1000万円まで対応

・上場企業GMOが運営

・お支払いは口座引落で楽々

フリーナンスは日本最大の総合インターネットグループの一つである『GMOインターネットグループ』の主要会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社によって運営されているサービスです。GMOクリエイターズネットワーク株式会社が手がけるフリーナンスとは、あんしん補償」「即日払いの2つのサービスから成り立ち、補償や資金力の面で大きなハンディを持つ小規模事業者をターゲットに運営されています。小規模事業者やフリーランス(個人事業主)の方のお金と保険のサービスです。

 

公式サイト
FREENANCE(フリーナンス) | フリーランスを、もっと自由に。
フリーランスを、もっと自由に。フリーランスやスモールビジネスのオーナー向けに無料の損害賠償保険「フリーナンスあんしん補償」や「フリーナンス即日払い」を提供するFREENANCE(フリーナンス)byGMOです。

フリーナンスを選んだ理由

GMOという大きな会社が運営されている
登録してしまえば基本的なサービス(補償など)は全て無料で利用可能
特に最大で5000万円もの補償額がつく保険を無料で受けられるというのは、既存のどの保険サービスよりも優れていると言えるでしょう。

フリーナンスの主な事業内容

①安心補償

フリーナンスの振込専用口座を利用すると無料付帯される補償で、登録翌月の15日より適応。
「あんしん補償」では、仕事中の事故や過失に対して最大5,000万円情報漏えいや著作権侵害等の事故に対しても最大500万円の補償を受けられる仕組みです。この保険はフリーナンスが窓口となるものの損保ジャパン日本興亜が引受保険会社となるため、補償対応はお墨付きですね。

 

②即日払い

請求書発行から入金までにタイムラグがある際、フリーナンスが売掛債権を買取り、代金を先払いするという仕組みです。売掛金の即日払い”=『ファクタリング』です。買取限度額1,000万円で、手数料は3.0%〜となっています。利用は1万円〜可能なため、個人事業主を中心に数万円単位の取引が多い方も利用しやすい特徴があります。

 

 

お申込みの流れ

①フリーナンスへ登録 まずはフリーナンスのホームページから、新規登録。電話又はメールにて申込み。メールアドレスか、SNSアカウントを持っていればユーザー登録できます。名前、年齢、住所といったプロフィールを作成し口座開設を行います

②メインバンクの登録 振込専用口座から振り返られるメインバンクの口座登録を行います。

③審査 免許証かパスポート、マイナンバーカードなどの身分証の画像をアップロードし、審査に申請。審査内容は明らかになっていませんが審査落ちすることはほとんどないようです。審査は2週間程度で結果が出ます、審査に通ればフリーナンスのサービスを利用することができます。

 

フリーナンス利用者の口コミ

 

個人事業主として保険代理店をしています。事業主とは言うものの、正直事業費用も生活費も混同しているような状態…
これまでは支払いまでタイムラグがある場合、キャッシングを利用するなど何とか凌いでいましたがフリーナンスに登録してからは即日払いによるファクタリングにお世話になっています。調達コストとしてはキャッシングと大差ないですが、借入にならないため信用情報の面でも有利かなと思います。

WEB制作会社を退職してから、クラウドソーシングを軸に個人で仕事をしています。ただ、納品・検収後に支払いの場合、大規模な修正が入るなどで工期が長引くとかなり厳しくなります。
そんな時に入金前倒しをできるのはとても助かっています。

業務委託契約を結んで個人事業主として働いています。支払いは月1回なので給料と同じような認識ですが、金銭的に厳しい月もあるためフリーナンスの即日払いを使うことがあります。
手数料が掛かるのは惜しいですが、キャッシングやカードローンに比べればマシかなという感覚ですね。

 

 

 

 

一般社団法人全国企業共済金融機構

手数料
二社間3-5% 三社間1-3%
全国に三店舗
東京・大阪・仙台
直接会って契約できるので安心

OLTA

手数料
二社間2-9%
ネット完結
最短24時間で資金化
金融機関と業務提携

フリーナンス

手数料
二社間3-10%
最高1000万円まで対応
上場企業GMOが運営
お支払いは口座引落で楽々

コメント